結局お金がなければ幸せになれない

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

ドキュメンタリー。

ベトナム戦争の時にやむなくアメリカに養子に出された娘が、ベトナムにいる実母と再会。

最初は再会を心から喜んでいたのだが、数日後にベトナムの親戚連中から、「なんでもいいから私達を支えて欲しい。月々わずかのお金でいいから」と親戚一同集まった場で言われて、そのあまりのストレートさに、アメリカで育てられた娘はショックで泣き出してしまう。

それから急に親子関係がぎくしゃくして、「来なければ良かった。早くアメリカに帰りたい」となって、母親も「娘はベトナムの文化(一族助け合うのが当たり前)を知らずに育ったから」と諦めの涙。

シーンは2年後。
アメリカで自分の夫や子供と暮らす娘。

「あれ以来ほとんど連絡していない。何度か手紙が来たけれど。私は彼らに対して自分のドアを閉めた。でもカギはかけていないから」と捨て台詞。

現実ってこんなものなんだろうか?

前に羽賀ケンジが、自分と母を捨てたアメリカ人の父親に再会する番組をやってて、泣きながら父親を許す羽賀のシーンがあったんだけど、あれもやっぱり番組の構成上演技してたんだろうかと思ったよ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!