あの女にどこかで見られている

とある友人に聞いた話。

彼女は数年前、とある学習塾に勤めていた。
小中学生対象の、進学塾というよりは苦手補強のための塾だ。

田舎だったこともありのんびりとした雰囲気で、夏には肝試し大会、冬にはクリスマス会が催されるような家庭的な塾だった。

職員は塾長を含めた女性ばかりの四人。
女性同士の付き合いにありがちな面倒臭さも多少はあったが、和気あいあいとした雰囲気で、友人は気に入っていたという。

ある時、その塾に五人目となる職員が入ってきた。
友人より少し年上の、やはり女性だったのだが、この新入りがなかなかに曲者だった。

新入りは悪い人ではないこともすぐにわかったが、頓珍漢というか間が抜けているというか、やることなすことどこかズレており、失敗も多かった。
そのくせ、とにかく何てもしりたがり、首を突っ込んできた。
受け持ちでない授業や生徒のことだけでなく、塾で過去に起こったこと、生徒や職員の家庭の事情、職員同士のたわいもない雑談の中身まで、新入りの耳に届く範囲の話題には、呼ばれもしないのに全て首を突っ込んで、求められてもいない、しかもどこかズレたアドバイスをしてきた。

他の職員がどんなに眉を顰めても、「ちょっと遠慮して」とはっきり口にされるまでは、決して引き下がらなかった。
いつしか新入りは煙たがられ白い目で見られるようになったが、まるでそんなもの意に介さないように、相変わらずどの話にも首を突っ込み、わかっているのかどうかわからない相槌を打っていた。

そんな新入りだったが、半年ほどで塾を去ることになった。
なんでも夫の転勤で引っ越すのだという。
おおっぴらには言わないが、友人を含めた全職員が、ほっと胸をなでおろした。

「短い間でしたがお世話になりました」

新入りはそう言って、職員一人ひとりに別れの品をくれた。
それは定番のハンカチだったが、包装紙の中には小さなメッセージカードも入っていた。

仕事終わりに、同僚と二人で何気なくそのメッセージカードを開こうとした時だった。

「ひっ」

同僚が小さな悲鳴をあげ、メッセージカードを取り落とした。
友人は自分の足元に落ちたカードを拾おうとして、目を疑った。

『彼とのデート、◯◯モールはやめたほうがいいですよ。保護者もたくさん来てるんだから』

そう、カードには書かれていた。

ありがちな話だが、同僚は生徒の保護者と浮気をしていた。
友人はそのことを本人から相談されて知っていたが、他は誰も浮気のことは知らないはずだった。
秘密のデートを、新入りはこっそりどこかで見かけていたのだろうか。

友人は恐る恐る、自分の分のメッセージカードを見た。
そして、先ほどの同僚と同じような悲鳴をあげたという。

「カードには、職場ではもちろん、家族にも話したことのない秘密について、アドバイスめいたことが書いてあったの。ゾッとしたわ」

友人はその時のことを思い出し、恐怖と嫌悪感からか眉をひそめた。

「なんでその新入りさんは、秘密を知ってたのかな?」
「知らないわよ。でも、他の職員のカードにも、同じようなことが書かれてたみたい。そのあとは、もう大変。みんな疑心暗鬼でギスギスして、結局、半年後には職員が総入れ替えになってたわ」

それもそうだろう。
私は頷いた。

「ところで、書かれてた秘密って?」
「言うわけないでしょ」

私の問いかけを一蹴した後、「でも」と友人は続けた。

「あの時書かれてたアドバイス、あれは的確だったわ。後になって正直助かった。仕事できなかったくせの、そういうところが余計気持ち悪いんだけどね」

友人は身震いをしてそう言った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!