死を覚悟して日本を守ろうとした人達

原子炉停止機能強化工事。
その性能検証試験中に、事故は発生した。

原子炉の上ぶたを全開放。
制御棒89本全てを原子炉の下部から挿入、全出力を停止、、、、させたはずだった。

作業員は試験手順書に従い試験を行っていた。
しかし、その手順書には誤記があり、本来なら開いておくべき弁を閉じてしまっていた為、漏水により逃げ場を失った水圧が制御棒3本に集中した。
そして、とうとう3本の制御棒が脱落してしまった。

脱落した直後から中性子の量が増加。
異常発生の警報が鳴り響いた。

これは、核反応を停止させている筈の原子炉内で、核反応が発生し出したことを意味した。
つまり臨界である。

最悪の事態を避けるため、ついに原子炉緊急停止装置を作動させる事を決断。
しかし、試験開始前の事前設定で、緊急停止装置は作動しないよう設定されてしまっていたのである。

遠隔操作による原子炉制御手段は全て失われた。
もはや事態を収拾させる手段は一つだけであった。
それは作業員の手作業による弁の開け閉めである。

数名の作業員たちが緊急招集された。
弁の開け閉めをする為に、果敢にも炉心へ向かう彼等の運命や如何に。

時、1999年6月18日午前2時すぎ石川県北陸電力志賀原子力発電所1号機内。

※この話は現実にあった話である。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!