藤子・F・不二雄の描く悲劇はちょっと怖い

藤子・F・不二雄の「劇画・オバQ」。
「オバケのQ太郎」の後日談に当たる短編。

おばけの国から久々(15年ぶり)に人間界に降りて来たQ太郎。
Q太郎は脱サラの話を持ちかけられているサラリーマンに話しかける。

彼はかつてQ太郎が居候していた家の息子こと正太君。
久々の再会を喜び合い、二人は帰宅する。

家に着くなり正太は愛妻を紹介。(愛妻はかつて正太が想いを寄せていたよっちゃんじゃない)

正太はQ太郎が帰郷していた間のことを話したりする。(神成さんが死去、おばけ仲間のドロンパやU子は海外留学したなど)
Q太郎は翌日も正太の家に厄介になる。

正太は社畜生活が板についており、残業で帰宅が遅くなる。
「疲れる事ならやめちゃえばいい」と言うQ太郎に「サラリーマンは会社という機械に組み込まれた歯車なんだ。勝手に抜けたりできるものか!」と冷たく返す。

翌日もQ太郎は正太の家に厄介になろうとするが、正太の妻が「いびきがうるさいしよく食べる。いつ帰るの?」と愚痴っていたのを聞き、家を出る。
町は15年で様変わりしていた。

かつての正太の家はマンションに、皆で遊んだ空き地も住宅が建っている。
Q太郎が卵状態で拾われた雑木林はゴルフ場になっていた。

肩を落とすQ太郎だが、そこで友人のゴジラと再会し、かつての仲間との同窓会をすることになる。

酒を酌み交わすQ太郎と正太とかつてのクラスメイトたち。
そこに遅れてハカセが到着。

ハカセが持ってきた「オバQ天国(無人島で遊んだときに作った国)」の旗を見た仲間たちは思い出に浸る。
大人になるにつれ夢をあきらめて行った正太たちと違い、ハカセは夢追い人となっていた。

「この歳でも夢を諦めないぞ。自分の限界まで試すぞ!失敗なんて恐れないぞ!」と意気込むハカセは演説を始める。

仲間たちは「おれたちゃ永遠の子供だ!」と、酒に酔った勢いでハカセに賛同。
正太は「脱サラしてやる!嫁がなんだ!」と息巻きながらQ太郎と帰宅する。

翌日、妻に脱サラ宣言をしようとした正太は妻が妊娠をしたことを知る。
途端に正太は脱サラへの気持ちは崩れ、社畜生活へと戻って行く。

Q太郎:「(子供ができたということは)正ちゃんはもう子供じゃないってことだな・・・」

Q太郎は寂しく呟き、おばけの国へ戻って行った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!