親父の妹の遺書を見てしまった

この前親父が亡くなって金庫の中を整理していたら、古ぼけた遺言状が出てきた。
「なにこれ?」と母親に聞いたら、濁してはっきり教えてもらえなかった。

当然気になって、数日後落ち着いた時にこっそり見てみたら、親父の親父(つまりおじいさんね)の遺言状だった。
それと一緒に親父の妹が書いた遺書があり、読んでみると、「お父さんの病気はよくならないし、お母さんと私もいっしょに行きます。死境の道を選ぶことをお許しください。」という内容で、金庫に一緒に入っていた戸籍の謄本も同日同時刻に両親と
その妹が死亡したことが書かれていた。

死体検案書には2階の梁で縊死(いし。首吊りの事)したと書いてあった。

私は姉に「そういえば、おじいちゃんの葬式のときのことって覚えてる?」と、聞いてみたら、「あー、なんかあのときみんなばたばた死んだ感じだったけどなんだったんだろうねー。でもなんで?」という感じで何も知らない様子。(20数年前のことで、当時私3歳、姉8歳)

いくら考えて考え抜いてもどうして3人一緒に自殺したのかがわからない。

その当時、親父の妹は28歳だし一緒に自殺するなんてどうしてもわからない。

いずれは母親に真相を聞こうと思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!