あえて捨て子にする風習

二年ぐらい前にばあちゃんの弟が癌で亡くなった。

明るくて酒好きなおもしろいおじさんだったから、亡くなったときはすごく悲しかった。
床屋やってて小さい時はよく髪切ってもらったし。

みんなそのおじさんのことを「ひでおじさん」って呼んでて、ばーちゃんも他の親戚も「ひでお」って呼んでたから、普通にひでおって名前って思ってた。

そしたら葬式で全然違う名前の看板出てんのw
「憲行」みたいな、漢字で漢字二文字読み四文字の名前。

何で?と思ってばーちゃんに聞いたら「ひでおは本当は憲行(仮)っていう名前なんだよ」「丑年の次男だから」って。

全然意味が分かんなくて、後でかーちゃんに聞いたら、うちの田舎では丑年生まれの次男は家を潰すから、一回近くの川の橋の下に捨てて、拾った人に名前を付け直してもらうんだって。

ひでおじさんのひでおは拾った人の付けた名前なんだってさ。

ちなみにひでおじさんを拾った人はリアル捨て子だと思って、ひいじいちゃんとひいばあちゃんが「丑年の次男なんで返してください」って取りに行ったら「うちは子供が欲しかったから返したくない。男の子が駄目なら女の子をくれ」って言われて、ばーちゃんの妹が養子に行った。

つーか丑年の次男が家を潰すってなに?
誰か知ってる人いる?

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!