不審者と戦った先生

小学生の時に近所の英語塾に通ってた。
日英ハーフの綺麗なおばさん先生が近所でやってた個人経営の英語塾で、うちみたいな田舎町でもそれなりに繁盛してた。

その塾では小学校を卒業するときに記念旅行みたいな感じで春休みにキャンプとかに連れてってくれたりしてたんだけどその時起こったお話。

先生が海が見える貸別荘を借りてくれて、先生と大学生になる先生の娘さん、参加した。
生徒の男子が5名、女子8名で貸別荘に行った。

貸別荘と言うか、海沿いのキャンプ村&貸別荘リゾートみたいなとこで、豪華な別荘と言うよりは青少年研修だとか少年少女の集まりみたいなので使われるタイプ。

とは言えロッジ風の立派な造りの建物はリビングが海に面した崖に沿いに立っていて、夕日が見える今でいうオーシャンビューだった。

昼間はビーチで遊んで夕方皆でカレーを作ってと、その間ずっと日本語禁止で英語で喋るんだけど、中学生前の異性との宿泊旅行と言うこともあり楽しかったな。

皆で食事して一日が終わり、10時を廻り就寝時間になった。

男子と女子で部屋を分かれて、部屋はリビングの上の寝室8畳と6畳間で雑魚寝。
天窓のある8畳間を女子が、ソファーセットのある6畳間を男子、廊下を挟んだ向かいの小さな部屋に先生親子が寝てた。
男子部屋で仲の良い5人でひとしきり騒いだ後、一人また一人と寝ていった。
俺もいつの間にか寝入ってた。

暫くして真夜中、2時ころだったと思う、女子部屋の方からキャーっという悲鳴が聞こえ、その後ドタバタの騒音が廊下で響いた。

俺ら男子部屋でも子供心に、何か事件だ!女子が大変だ!とドタドタと起きだして女子部屋に雪崩込んだ。

中に入ると一人の女の子が天窓を指さして泣きじゃくっている。
取り巻く女子達。
それを優しく抱きしめる先生。「どうしたんですか!?」と聞くと寝ているところに小さくきこきこと音がするので何だろうと寝ぼけながら目を開けて音の方を見ると、天窓の外におじさんがいて窓枠をつかみ静かに上下に揺らしていたんだとか。

天窓の枠は木で出来ていて鍵は古いタイプのシンプルな引っ掛けるタイプの鍵。
先生が椅子に乗って天窓の鍵を確認すると半分近くずれていてもう暫く揺らしてたら完全に開くような状態だったとか。

先生は管理人室に電話しないとって言って階下へかけ降りた。
受話器を耳に当てると、青い顔、呼び出し音はならないしダイヤルにも反応がない。

当時は勿論携帯電話など無くて外への連絡手段が一切ない状態。
別荘はキャンプ場から少し離れた場所にあり、まさに隔離された密室状態だった。

先生は娘さんを呼び出すと「私が管理人室まで走って行ってくるから私が出たら
直ぐ鍵を閉めて、皆集めて私達の寝室に閉じこもっていて。お巡りさん連れてくるから、それまで誰が来ても開けないでね」と大きめなパラソルを掴むとドアを開けて、照明もまばらな真夜中の山道へ駆け出して行った。

残されたのは大学2年生の娘さんと小学校6年生の男の子5人、女の子8人。
全員で先生達の部屋へ駆け込み、体を寄せ合い先生の帰りを待った。

最近になって先生に会いに行ったんだ。
帰省して幼馴染の友達と会ってると、そう言えば先生の家今引越してこの辺だから挨拶行こうって。

もう髪も真っ白なお婆ちゃんになってた。
娘さんは結婚してアメリカにいるそうだ。
思い出話に花が咲いて、あのキャンプの夜の話にもなった。

先生は「鍵を閉めて私たちの寝室に皆集めてドアを塞いで待ってて」と言って飛び出したあと、幅の狭い舗装された山道を眼下の灯かりを目指して走った。

止まることなく走れば5分も掛からずつくだろうと。
すると脇の林を藪をかき分けて並走する音が聞こえる。
天窓の男がこっちを狙ってる、通報させない気だ、と気づいた先生はスピードを緩めず勾配の強い坂を振り向くことなく駆け下りた。

足音は藪から飛び出し背後へ迫った。
リレーのバトンのように持った傘を大きく振り回しけん制する。
しかし、足音は直ぐ背後まで近づき、タックルされたら捕まる、と思った先生は傘を横向きにして背後へ滑らせた。

傘を手放し両手を大きく振って走る先生、傘は転がり恐らく男の足に引っかかったんだろう、少し後ろで派手にずっこける音がして、後を追う足音は聞こえなくなったんだとか。

管理人室は灯かりが点いていてガラスの窓をバンバンと叩いた。
老管理人が何事か?と出てきたが先生の顔を見てハッとした。

それを見て先生、この人は何かを知っている?と思い、何があったかは伏せて、すみません電話を貸して下さい救急車を呼びたいんです、とあえて警察の名前は出さなかったそう。

救急車と聞いて驚いた管理人は机の上の黒電を差し出した。
それを受け取ると即110番にダイヤル、男が別荘に侵入しようとしています!直ぐパトカーを寄こして下さいと叫んだ。

そのやり取りを管理人さんは横でうつむきながら聞いていたらしい。

警察に電話したら管理人と一緒に別荘へ戻ることにした。
先生は外にあったスコップを掴み、管理人さんを前に立たせて別荘へ急いで戻った。

鍵を開けてもらい中に入ると寝室へ駆けつけ、もう大丈夫よ、お巡りさんすぐ来るから、と言って僕らを安心させた。

先生の姿を見て娘さんが号泣した姿は今も覚えてる。
きっと一番責任とストレス感じて大変だったんじゃないかな。

逮捕されたのはキャンプ場の老管理人の息子だったそう。
だから窓枠を掴んで上下に揺すれば鍵が開くのを知っていたのだ。
また電話回線が通じないのは屋外のジャックを抜かれていたからだったとか。

キャンプ場&貸別荘地自体は地元の優良企業の持ち物と言うこともあり、また結果的に不審者による別荘への不法侵入未遂事件と言うことで大きな事件化はされず、ご迷惑をおかけしたということで宿泊料が返金されて終わったと言ってた。

だが、今になって思うことは、あまりにも侵入の手法が確立されていること、天窓の窓枠を揺らせば鍵が開いて寝室に忍び込めることを知っているし、内線電話のジャックを抜いて管理人への連絡も出来なくしている。
あれは絶対に余罪あるし、味を占めてるからやってるんだよね、と3人で語ってた。

今別荘は無くなってキャンプ場だけの営業らしい。

昨今のこどおじ事件報道で思い出したので書いてみた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!