掟を破って目を開けてしまった

祖父が体験した中じゃ怖い?話を。

山で仕事してると、何処からともなくカラスの鳴き声を極端に低くしたような鳴き声で近付いてくる存在がいた。
鳴く→数歩近付いてくる→鳴く→数歩近付いて来るってな感じで、ゆっくりと目の前まで来る。

『この存在を目視、無視、挑発するような行為はしないこと』と言い聞かされていた。
目の前に来るまで決して目を開けては駄目、動いても駄目。
必ず目の前に来るのを待ち、鳴き止んでから「通して下さい」とお願いする。
必ず返事がくるのがそれに対して返事をしては駄目、立ち去るのを待つ。

最初は恐怖心からちゃんと守ってたけど、数10回も経験するとすっかり慣れてしまい好奇心が芽生え始める。

ある時、いつものようにその存在が目の前まで近付いてきた時に、目を開けてしまった。

そこは真っ暗な世界、ただただ真っ暗。
朝の山のはずなのに真っ暗で何も見えず、怖くて動けずにいると「見えた」っと言われ、その瞬間視界が戻った。

その日から約1ヶ月間は地獄だったらしく、夜中に誰かが戸を開けて近付いてくる夢で目が覚める、一晩に何回も何回も同じ夢で目が覚める、恐怖から眠れずにいると、戸を開けて誰かが近付いて来て目が覚める。

今が夢か現実か分からなくなり、精神的にも肉体的にも限界って時になぜかピタッと止んだ。
それからはきちんと決まりを守るようになったと、笑いながら話してくれた。

ちなみに祖母も同じような体験をしていて、鳴き声はなく足音だけ近付いて来るので決して相手をしては駄目って決まりだったみたい。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!