がん患者にどうしても生きて欲しい理由

ある老人福祉施設で働いている友人から聞いた話。

今年で85歳。
寝たきりで、ほとんど言葉も言えない認知症のばあちゃんがいた。

その人は何日か前から便が出ず、お腹も大きく張り出した。
で、臨時の医者が診たらどうも進行性の大腸癌らしかった。

そのため、1年に一回面会に来るか来ないかの家族に連絡し「一般病院に入って手術、抗がん剤で治療するか、このまま自然経過(その内亡くなる)を見守るか」と尋ねたところ、家族は「ぜひ治療してほしい」と答えた。

理由は「このばあさんが死んだら年金(遺族年金?)が止まってしまうから」ということだった。

聞くところによると、年金で現在の施設入所費を支払ってもまだオツリが毎月10万くらいあるらしく、その金は全てばあさんの家族が受け取っているとの話だそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!