親父、死ぬ前に謝れなくてごめん

初めてウチにネット環境が整ったのはオレが中3の時。
頑固な親父に頼み込んで何とかISDN入れてもらったのね。

で、ルータが届いて最初に友達が来た時、みんなでネットやりながら駄弁ってて、何かの拍子に「いいよなー親父さんが優しいとさー」って言われて(勿論単に羨ましがられただけだったのだが)、まるでオレが親に可愛がられてるみたいに聞こえて、遅い反抗期真っ盛りだったオレは慌てて。

「バーカ、めっちゃ苦労したんだぜ?あのクソ親父上手いこと言い包めるのに。まぁ、ネットさえ出来ちまえば親父なんかどうでもいいし、こっちのもんだなw」とか言っちゃったわけよ。
で、その直後にトイレ行くのに部屋でたらさ、廊下に親父突っ立ってんのね。

目が合って「あ、やっべ聞かれた」と思ったんだけど、親父は何も言わずに「あまりうるさくするなよ」とだけ言って居間へ。

その夜、風呂上りに居間の前を通りかかったら「・・・・・・少しでもアレのためになることを、と思ってやったんだが・・・・・・ああ言われるとはなぁ・・・」と。

その後単なる照れ隠しだと言い出せぬまま、親父は2年後にすい臓のガンで他界しましたよ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!