老人を狙った悪質な詐欺行為

昔日本であった詐欺モドキ思い出した。

田舎の老人しか住んでいない家にいき「軒先に自動販売機を設置したい」と交渉する。
自動販売機は置くだけなら場所代として月数千円払う。
もし買い取りなら、自動販売機の値段が百万(値段忘れた)だが、ジュース一本につき80円(これもうろ覚えの値段)の利益が出るので、一年あれば十分もとがとれる、と言う。
老人はさすがに大金なので「設置するならOKだが、買取は無理」という。
さらに「もしよければ、お金の管理もお願いしたい。毎日売上げが自動販売機の中にはいるので、それを回収してくれるだけで良い。金額はちゃんと計算されるので誤魔化すことはできないし、当然手数料も払う」という。
老人は大抵暇なのでOKする。

自動販売機が設置された翌日、老人は回収箱を開け驚愕する。
中には100円玉が100枚以上入っていた。
さっそく営業に報告し、営業は補充のジュースをもって老人宅へやってくる。
「ここは案外人どおりが多いから、本当に売れますね。この時期だからこの程度だけど、夏場ならこの倍以上の売上げが見込めますよ」と。

一日100本の売上げだと仮定すれば、毎日8000円の利益が出る。
夏場にその倍なら1万6000円・・・頭の中で老人はグルグルと計算する。
翌日も回収箱には100万以上の100円玉が・・・。
数日後、営業は再度話をもちかける。
「実は転勤になりまして、前回100万円といいましたが、大負けで80万円でどうでしょう?補充は当然後任にお願いするので、今までと変わりません」と。
老人は欲に負けて自動販売機を買い取る契約を結び、お金を支払う。

翌朝、回収箱をあけると100円玉が2枚だけだった・・。

当然、毎日夜になると営業が大量にジュースを買い、翌日それをまた補充するということを繰り返していたわけだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!