『であい橋』の不審な男

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

10年ほど前、高校1年の夏の時。

当時、私は美術高校に通っていたので、夏休みの課題の1つに水彩で風景画を描く課題があり、自然豊かで、周りは大通りに面した、大きな河を渡る為の長くて大きな橋の中腹で、濁流の河の流れを写生していた。

田舎とはいえ、観光地で周囲の道路で車の行き来は激しいものの、河自体が相当大きいので、橋の中腹はあまり車からはよく見えない。

しかしながら、それなりにゆるく人が行き来する橋でもある。
そして、私がある程度描き進めていた頃、1人の男が私に背を向けて、反対側の橋のヘリによりかかって、一休みしていた。

私は気にもしなかった。
眺めの良い橋なので、普通に風景を楽しんでいるただの男だと思った。

男は20代後半、黒色のミディアムウェーブの頭に、白いタオルを巻き、体型は細マッチョで浅黒い肌、服装は、白いピッタリしたTシャツに、赤いポリエステルのダボっとしたジャージ。

・・という、いかにもドカタ系の兄ちゃんが一休みしてます的な雰囲気だった。

20分ほど経った頃だったろうか、いきなりその兄ちゃんが『何してるの?』声をかけてきた。

何も疑わない私は、『課題の絵を描いてる』と、普通に答えた。

すると、兄ちゃんは私の隣に座り込み、『僕も絵が好きで学生の時に絵を描いていた』などと言いだし、木々を描いていた私のノート型のキャンパスを持ち上げると、違うページを開き、私の余っていた筆を使い、チョロチョロと木を描いて見せ、上手い描き方をレクチャーしてきた。

あまりウマいとも思わなかったが、否定するのもなんなので、素直に聞き入れていた。

他にも10分ほど他愛ない話をすると、イキナリ男は立ち上がり、『なんか熱くなってきちゃったなあ』と、Tシャツの腕を捲りあげた。

左腕に、青い何かの記号のような半径3cmほどの刺繍が入っていた。
何か不穏な気配を感じ取ったが、もう遅い。
男は再度、私のそばで腰を屈めると、急に後ろから抱きしめてきた。

『!?』あまりの事に驚きを隠せない私。

しかも、その瞬間に、老夫婦が後ろを歩いていったのだが、動揺しきり、声も出ない。彼らは通り過ぎていってしまった。

数秒間、茫然とした後、ようやく『やめてください』と声を出す事が出来た。
声は小さく弱々しかったことだろう。

すると、抱きついていた男の腕は私から離れ、男は私の顔を優しく覗きこんだ。
そして、私の手をそっと取ると、『(橋の)下に行こうか?』と真顔で聞いてきたので、その後の展開が頭を一瞬でよぎり戦慄が走った。

橋の下まで行くのは橋の入口まで戻り、緩やかな傾斜の地面を下りれば良いだけなのだが、下は大きな河、ところどころに人の姿を隠せるだけの岩や木々、覆い茂る雑草。

どうなろうとおかしくはない。声など濁流の音に飲みこまれてしまう。
私は無論『嫌です、やめてください。』と、落ち着いて言い放った。

男は私の怯えた表情を見ると、すくっとその場に立ち上がった。
私は身長150cmにも満たない小柄。
男はせいぜい180cmはあるであろう大男である。

恐怖に心臓がはち切れんばかりで、固まる私に、『ふーん。まぁ、あんま気にすんなよ?』と軽い調子で男は言い、あっさりと私を置いて出口まで歩いて行った。

男が橋を抜けるまで確認したの後、あまりの出来ごとに気が動転しつつ、広げていた画材を震える手で乱暴に片し、千鳥足で家まで戻った。

家まではそもそもそう遠くない。
せいぜい300mほどだ。

道自体は大通りを通るので、通り道に大きな警察の前だって横切る。

息も絶え絶えで家に舞い戻ると、泣いて家族に相談。
そのまま、その日、その大きな警察に母親に連れられ、男を通報する事になった。

話をすると、最近そういった変な男の似たような通報が、いくつかあったようだった。

私はそれほどの事はされなかったし、男も凄んだりあまり怖いことは言ってこなかったので、事情聴取を受けている時点ではすでに冷静になれていた。

そして、母親は私を励まそうと、警察を後にすると、ショッピングにつれていってくれた。

3~4時間ほど経ち、夕方に家に戻ると、身体が悪く、寝室か茶の間で休む以外に、外には出られない祖父が、『さっき変な男が茶の間の窓からこっちをじっと覗いていた』
と言う。

家の茶の間の窓の鍵は閉めてあるが、レースなどもしていないので、家の中はまるまる見えるようになっていた。

私はあの男だとすぐに考えた。
なぜなら、この家の茶の間は通り側を向いているが、この茶の間にいたるまで、開けた空き地部分がせいぜい10mはある。

知人以外、ほとんどがここまで踏み込む事など無い。
だから、遠目の人間には家の中も見えはしないので、窓を開け放っている。

知人であれば、不思議には思わないであろう光景だが、祖父は知らない男だというのだ。

何をしにきたかは定かではないが、祖父に何も起きなかったことを感謝しつつ、しかし、もしもその時、母が私を家に連れ帰っており、顔を合わせたら・・・、と思うと今でも恐ろしい。

また幸い、この家は母方の両親の住む家であり、この時は、夏休みで一時帰省していただけなので、今後、間違っても鉢合わせになることもないであろう・・・。

私は残りの数日を、目立たない屋上での写生にとどめ、帰宅した。

とんでもない恐怖体験であったが、私がある意味、とても幸いだった部分を別にあげると、男は若く意外にも結構なイケメンであったという事と、また、笑える部分では、そのとんでもない出来ごとの起きた橋の名前は、『であい橋』という名称であったことだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!