一日中玄関の前にいる老婆

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

リアルタイムの話を書きます。

少しおしゃれなアパートに住んでます。
昨晩、夜中の1時に「ピンポーン」とインターホンが鳴り、モニターを覗くと、老婆が立っていました。

時間も時間なので居留守を使いました。

すると隣の宅のインターホンを押したようでかすかに「ピンポーン」と鳴りました。

その時は、あまり気にするとカミさんが怖がるので、「お隣さんと間違えたかな~」と言って寝ました。

今朝、仕事に出ようとドアを開けたら、老婆がドアのそばに立っていました。

一瞬、びっくりしたのですが、もともと何事にも驚かない性分で話しかけてしまいました。

身なりは農家ぽっい感じですが、清潔感のある服装でした。

俺「なにしてるのですか?」
老婆「いや、あの、あの、このへんを掃除でも、、」

明らかにきょどってます。
よく見ると手に何かを持ってます。

ベランダに置いてあった、車の工具です。(タイヤ交換のレンチ)

俺「掃除ですか、それはどうも。それは返して貰っていいですか」
老婆「あっはい、すません」

俺「仕事に行きますんで、どいていただけますか?」
老婆「あっはい、いってらっしゃい」

お前は俺の死んだばあちゃんか!と突っ込みたくなるほど馴れ馴れしく見送られました。
そのまま取り敢えず仕事に行きました。

そしたら、俺より先に仕事に出た妻から電話がありました。

妻「朝、変なお婆ちゃんが玄関の前にいて、怖かった」
俺「俺も会ったよ、普通に会話したけど、状況は怪しさたっぷりだけど、普通のお婆ちゃんだったよ」

できるだけ妻が怖がらないように気遣いました。

先程、帰宅したのですが、まだ老婆がいたのです。

俺「まだ居たのですか?どちらから来たのですか?」
老婆「いやあの~、あまり気にしないて~」

俺「そう言われても、家の前に居座られても困ります」
老婆「いや、掃除をしてるだけですから気にしないて下さい」

俺「もし帰り道がわからないなら、協力しますよ。住所わかりますか」

老婆は、もぞもぞ言いながら家の前から去って行きました。
一応、先程、警察に報告しておいたのですが、警察は「一応、定期的に巡回します」との事でした。

念の為、お隣さんに警戒するように言いました。

妻が帰宅する時間なので、外で妻を待ってます。
老婆の姿は見えませんが、寒いっす。

今晩、1時を過ぎるまで寝られません。
また老婆が来たら続きをカキコします。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!