呪いは刑法にあたらない

以前に『何でも屋』をやってた奴と飲んだ時に聞いた話。
『何でも屋』って言うとほとんどはどうでもいいような雑用なんだけど、コンスタントに変な依頼は来るものらしい。

例えば4~50キロくらいの何かが入ってるダンボールを2、3個を車で隣の県まで運ばされたり、やたら生臭い風呂を掃除させられたり・・・そういう犯罪っぽい匂いのする依頼はしょっちゅうくるのだけど、ある日来た依頼は一際変な内容だった。

それはある人を呪い殺して欲しいって依頼で、もちろん殺人なら即座にお断りするので社長に相談したら引き受けろって事になった。
なんでも呪いは刑法にあたらないので問題無いからだって言う。

で、早速依頼者を事務所に来てもらい話をしたのだけど、会った瞬間にもう普通じゃないのが分かったらしい。
女の人なんだけど髪がボサボサでずっと下向いて視線を合わせようとしない。
まあ依頼の内容からして覚悟はしてたけどこれは普通じゃないなって思ったらしい。

それでも仕事ですから契約の内容を確認する。
その会社では呪いのことは分からないので信頼できる専門家を探すって内容で契約することになったそうです。

インターネットで検索すればたくさん出てきたそうです。
その中で見つければいいんですから楽な仕事だと思ったらしいです。
ただ「信頼できる」って部分でいざ探すのと大変だったそうですが・・・それでも一晩かけてそれっぽい人を見つけてメールを交換して電話で話して内容を聞いてと、もうこの頃になると本人も楽しんでたようです。
結局一週間くらいかかって依頼者にその人を紹介してこの件は終わりになった。

それから数ヶ月くらいしてフッとそのことを思い出して紹介した霊能者の人に連絡してみたら、その依頼者は死んだと聞かされたそうです。

ゾッとして何でですかって聞いたら、霊能者も亡くなってから日記を読んでわかったそうですが内容を見ると、どうも呪い返しをやられたらしく気づかないうちに自分自身を呪い殺していたそうです。

呪いって本当にあるんですね・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!