サリーさんという占い師

30年程前から地元の駅前に夜になるとたまに現われる占いの婆さんがいた。
その婆さんの占いはよく当たると評判で、地元の人間達は彼女を「サリーさん」と呼んで親しんだ。

いつも閉店後の銀行の前に簡素な机と椅子、そして提灯に「目」のマークと「3千エン」の文字。
サリーさんの占いは「道具」を使わない。
相手の顔を黙って見つめるだけで占うのだ。

何よりも変わっているのはサリーさんは耳が全く聞こえないという事。
だから相手の相談を聞く事も出来ないし、喋る事もできない。

客は黙ってサリーさんの前に座り、3千円を支払う。
そして2~3分サリーさんが客の顔をニコニコしながら見つめた後、あらかじめ用意してあった茶色い封筒が渡される。
サリーさんは封筒の上にマジックで「開封日」を書く。
これで占いは終わり。

だがルールがあり、たとえば開封日を「四月二十日」と書かれたらその日まで封筒は開けてはならない。
おそらく運命を先に知ってしまえば占いは成立しなくなるという所か。

・・・これが「サリーさんの占い」です。

さて・・・サリーさんの封筒の中にはどんな事が書いてあるか?

例としては「急な出費があり困るが借金をしてはならない。金は二階の寝室の本棚にある。捨てようと思っている雑誌の間を探してみなさい。」とか「家出した猫は今夜帰ってくる。縁側のガラス戸を少し開けておきなさい。さもなければ近い内に轢死する。」とか結構具体的で、よく当たる。

なぜ?まるでその人が占いに来るという事ですら最初から分かっていたかのようだ。

・・・さて、ここからが洒落怖話になるんだが、実は私も今から10年以上前、サリーさんに占ってもらった事がある。
友達と二人でそれぞれ占ってもらった。

私の封筒には「七月九日」
友人の封筒には「七月八日」と書かれていた。

その時まだ4月だったので、開封日はまだまだ先であった。
・・・しかし、アホの友人Bは、あろう事か、待ちきれずすぐに封筒を開けてしまった。

封筒の中には白い紙切れが一枚。
・・・何も書かれてはいない。

「だまされた!!」

友人Bは怒って、封筒と紙切れを丸めて捨ててしまった・・・。

そしてBは、私の封筒も見せろ!と要求してきた。
だが「冗談じゃない!この罰当たりめがッ!お前だけ呪われろォ!」と断った。

しばらくは私も開封日「七月九日」を指折り数えてドキドキしていたが・・・やがてそんな事忘れてしまった。
・・・そして「七月九日」その日Bは昼近くなっても学校に来る事は無かった。

職員室が慌ただしい。
四時間目の授業は自習になった。

・・・どうやらBが通学途中にバイクで事故ったらしい!
交差点で左折トラックの内輪差に巻き込まれて、そのまま運転手は気付かずBを引きずったまましばらく走行。

Bは顔面をアスファルトに削られ重体に・・・。
その時私は思い出した。

「サリーさんの封筒」

・・・今日が私の開封日。

きっとBの封筒には「事故を起こすから、しばらくバイクに乗るな」とでも書いてあるはずだったのかも知れない。

そんな事を考えると恐ろしくなって、私はたまらず急いで家に帰った。
サリーさんの封筒を開けなければ・・・。

Bはおそらくサリーさんを無視したために死ぬだろう。
俺はイヤだ!死にたくない!!

家に帰った私はメリーさんの封筒を引き出しから取出した。
開封日は「七月九日」今日である事を確認した私は封筒を開いた。

・・そこには便箋が一枚。

年寄りが書いたと思われる、震えた文字でこう書かれていた。

「友達は事故を起こす運命。もう元にはもどらない。」

・・・私は涙と震えが止まらなかった。

サリーさん・・・あなたの占いは当たってます。

でも、彼を救う方法は無かったのでしょうか?
私はBはもう助からないんだなという事をこの手紙から悟り、しばらく学校を休み恐怖と悲しみに震えて過ごした。

後日談
Bの事故から三ヵ月が過ぎた秋の日。
私は日本の医療技術の素晴らしさを知る。

わがクラスに、カールスモーキー石井似のイケメンがやってきた。
だが転校生ではない。

何と彼はあの日事故で顔面をグチャグチャにしてしまったB本人だった。

顔を失ったBは、整形手術により、別人の男前になって退院してきやがった。

サリーさん・・・あなたの占いは当たってます。

「もう元にはもどらない」

サリーさんについてはまだエピソードがあるので、その内また。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!