怖くて家に帰っていない

昨日の事。
俺の部屋には窓が3つあって1つは出窓になってる。
その出窓の所にベッドがあって俺はベッドに潜ってた。

中々寝付けなかったんでベッド脇にあるルームランプを付けて漫画を読み始めた。
3冊目を読み終えた所で煙草に火をつけて天井をボーっと見上げていた。
すると『ドゥドゥドゥ、キーキキー』と新聞配達のカブの音が聞こえてきた。
ちなみにうちは防音性が悪く窓を閉めていても、家の前を通る車の音や人の話声が良く聞こえる。

「もうこんな時間かぁ」と思い時計に目をやると4時を回っている。
明日は休みだし、もう1冊読もうと煙草を消して漫画を読み始めた。

しばらくするとすると『キーキキーキー』とまたカブのブレーキ音が聞こえてきた。
またしばらくすると『キーキキーキー』とまたカブのブレーキ音だ。

この時間まで起きてるのは週末じゃそう珍しい事ではないし、新聞配達のカブの音なんて聞き慣れている。

でもどうもおかしい。
ブレーキの回数が多すぎる・・・。
普段ならうちの周りを配り終えるだけの時間は過ぎているし、気のせいかやけに耳触りだった。
まあ配り忘れか何かだろうと思い、気にしないようにしてまた漫画を読み始めた。

『キーキキーキー』
まただ。
気のせいか音が大きくなっている気がした。
もう寝ようと思いルームランプを消し頭から布団に潜った。

『キーキキーキー』

また聞こえた。
しかも気のせいじゃない。
音が大きくなってる。

『キーキキーキー』
『キーキキーキー』

連続して音が聞こえた。
さすがに不思議に思い布団から出てルームランプを付けた。
出窓から外を見ようとカーテンを空け窓を開けた。

顔を出し家の前の通りを見ていたがカブのエンジン音もブレーキ音も聞こえない。
おかしいなと思い窓を閉めた。
その時だった。

『キーキー』
『キィーキキー』

これはブレーキの音じゃない。
そう直感した。
しかも大きくなってるのではなく近づいて来ている。
そう思うと途端に怖くなりカーテンも閉めずルームランプも付けたまま布団に潜りこんだ。

『キィーキィー』
『キィーキィー』

間違いない。
これは人の声だ。
叫び声だ。
体中から汗が出てくるのを感じた。

『キィー』

体がビクっと震えた。
今までで一番大きく、そして一番近い所からその声は聞こえた。
もう限界だった。
逃げよう。
そう思い布団から起き上がろうとすると『ドンッ』・・・。

窓に何かぶつかる音がした。
俺はそのままベッドから崩れる様に落ち部屋を出て1階に降りた。
家の電話から近所の友人に電話を掛け、頼むからすぐ来てくれと必死に頼んだ。
外で待っているとすぐに友人は来てくれた。
理由は後で話すからと車に乗り今友人行ったが、その後怖くて家に帰っていない。

音の正体や意味がわからないが、あんな怖い経験をしたのは初めてです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!