危険の知らせ

Aさんは、平日の午前中、ごく普通の一軒家でPCに向かってインターネットをしていた。
少し疲れたので、PCから目を離すと一瞬、横の開け放たれたドア付近に何かが横切ったのが見えた・・・ような気がした。
気になったので、部屋を出てドアの外の廊下を見回した。
何も見当たらない。

当然だと思った。
今は家には自分しかいないのだから。
きっと気のせいだったのだ。
自分の部屋の方へ向き直り、再び部屋へ戻ろうと振り返ると、またドアの付近に何かが横切ったような気がした。
2度も同じようなものを見た。

これは気のせいではないのか。
部屋の中を覗いた。
そこには・・・。
その日、Aさんは行方不明になってしまった。

錯覚とは本当に見えていたとしても、本能的に悟る危機によって認識を拒んだ結果なのかもしれない。
ふいに何かが目に映ったような気がした時は危険の知らせ・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!