口も塞がれてた・・・

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

幽霊の類じゃないんだが、今思い返せば、文字通り「死ぬ程」怖かった話。

俺の親父は、良い人とは言えないけど悪い人ってわけでもない。
クラスに一人はいるだろ?お調子者で自分勝手で、頭も良くないけど何故か友達は多い奴。
親父は正にそのタイプで、勉強はそこそこ出来るけど対人スキル0の俺とは正反対。
正直言って、親子じゃなかったら絶対接点なんてなかっただろうな。

でも仲が悪いわけでは決してなくて、キャンプなんかにもよく連れてってもらってたし、週末なんかほぼ毎週家族で出かけてたから、多分良い父親なんだと思う。
まあ、遊園地のお化け屋敷で泣いた俺(当時3歳)に、「もう連れて来んぞ!」ってマジギレした、なんて話もあるんだがw

それで、これは俺が小学校4年生くらいの時の話。
その頃俺はもう一人で寝られるようになってたんだが、休みの日はいつも通り起きて、その後両親の布団に潜って二度寝する、なんてことをやってたんだ。
で、その日も一度起きて母親の布団に潜り込んで、俺・母・父の順で並んで寝てた。

それから二度寝して、どのくらい経ったか分からないけど、急にふっと目が醒めた。
目が醒めたって言っても、急に意識が戻った感じで、目は開けてなかった。
けど感覚で、鼻を摘まれてることに気がついたんだ。

俺は親父がふざけてるんだと思って払い除けようとしたんだけど、違和感がそれだけじゃないことに気がついた。
掌で口も塞がれてた。
何故か苦しいとか怖いとかは感じなかったな。

それより、起きてることがばれたらマズい、と思って目を閉じたままじっとしてた。
多分30秒くらいはそのままだったんじゃないかな。
あの頃は肺活量凄かったしw

でもまあ流石に苦しくなって、出来るだけ自然に、寝返りをうつ感じで顔を背けた。
そしたら親父が小声で「起きたか・・・?」って。

「起きたか?w」なんて軽い感じじゃなくてさ。
寝返りうってからこっそり目を開けて、今のはなんだったんだろう、って考えてた。

そのうちに母親も起きて、俺もタイミング見計らって起きた振りしたんだけど。
その他に変わったことは無かったし、今も親子仲は悪くない。
まー、この件で一番怖かったのは、妙に冷静に空気読んでる俺自身なんだけどなwww

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!