死を意識した日

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

本当にあった話。
うちの親父が釣り好きで、俺も昔はよく一緒に付いて回ってた。
その中でも特に渓流釣りが好きで、解禁日にもなると二人でよく釣りに行ってたんだ。

俺がまだ小学生の時。
その年は新しい穴場を見つけようとして、普段は行かないような山奥まで進んでいった。
つっても有名な川なので、同じように考えてる釣り人はたくさんいる。
奥に進む途中にも、川のそばでテントを張ってる人なんかも居たりした。

渓流釣りってのは結構危険なもので、事故や遭難はもちろん、クマみたいな野生動物にも注意しなければならない。
俺と父親も、ラジオとクマ避けの鈴をもち、定期的に爆竹を鳴らすなどの細心の注意をはらってきた。

その日に見つけた釣り場は最高で、あっという間に魚入れが満杯になった。
二人して満足げに下山したその時、異変に気付く。

来る途中に見かけたテント・・・その付近が異常に獣臭いのだ。
テントの外には、食べ物の容器や衣服などが散乱している。
子供の俺でも、すぐにクマの仕業だとわかった。

『もしかしてまだ近くにいるんじゃ・・・。』

そう考えると震えが止まらなくなった。

父親は、何も言わずに黙々と歩き続けている。

来る時に見かけたテントの住人は無事なのだろうか?
もしかして、もう死んでいるのでは?

そんな俺の心を見透かしたように、父親が言った。

父親:「絶対に近づくなよ。落ちている物にも触るな。クマが取り返しにくるぞ」

それから車に戻るまでの道のりは、生きた気がしなかった。
これまでの人生の中で、あの時ほど死を意識したことはない。
その後のニュースで、テントの持ち主はやっぱり死んでいた事がわかった。

ツキノワグマでもクマはクマ。
皆さんも山に入るときは気をつけて。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!