あの時、鳴いてくれなかったら

昔話だけど。
実家の猫はあかちゃんの時、目も潰れて放置されて空き地で泣きわめいてたのを保護したんだ。
正直、化け猫みたいで触るのも躊躇するほどの悲惨さだった。

目は病院で治療してもらって開いたけど、命の保証は出来ませんって言われた。
だけどちゃんと育ってくれてね。
本当に毛並みも美しくビックリする程の美猫になったんよ。
ただ、あの空き地で声の限り鳴き続けたせいか声帯が潰れたらしく、鳴かない猫だった。

で、時は流れてさ。

俺が人に裏切られたり人生の辛苦を舐めた時期があってね。
ある日、もうどうしようもない死のうって天井からヒモぶら下げたのさ。

まさにヒモに首通した時だったよ。

猫が窓から部屋に入って来て、俺の足元にまとわりついて「ニャーニャー」って鳴き声上げたんだ。

ビックリしてね。
こいつの鳴き声なんて一年に一回あるかないか、かすれた小さな声しか聞いた事なかったから。

うちの猫は俺の命の恩人だ。
今でも18年以上長生きしてくれてる最高の猫だ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!