生臭いその正体

知り合いの話。

彼の祖母が死んだ折、祖母が飼っていた犬を引き取ることになった。
父の車で犬を引き取りに行ったのだが、犬はとても大人しくて騒ぎはしなかった。
運転中も静かにお座りをしたまま、窓の外をじっと見ているだけだ。
「ちゃんと番が出来るのかな」その様子を見て、少し心配になったという。

しかし犬は家に着いて庭に入った途端、激しく牙を向いて唸り始めた。
先ほどまでの物静かな様子とは真反対だった。
豹変した犬の態度に困惑したが、よく見ると犬は縁の下に向かって威嚇するように唸っている。

「床下に蛇でも入ったか?」と思ったが、犬は一向に牙を納める様子がない。
気持ち悪くなった父子は仕方なく、床下を調べてみることにした。
居間の畳を上げてみると、湿った土の匂いが上がってくる。
・・・加えて、微かに生臭い。

腹這いになったまま、床下を臭いの強くなる方へ向かう。
すると家の中央辺りの黒土に、大きな窪みが掘られているのが見つかった。
大人が一人、楽に横になれるほどの大きさと深さ。
窪みの周囲には猫か兎か、小さい動物の骨らしき物が散らばっていた。
臭いの元はこれだったのか。

その時、外で頑張っている犬の声が変化した。
唸り声から激しい吠え声へ。
慌てて庭に駆け出ると、犬はもう縁の下に向かっておらず、裏手の藪に向かって必死に吠えている。

目を凝らしてみたが、藪の中、そしてそれに続く林の中には、何ら怪しい姿は認められない。
少しすると犬は吠え止み、父や彼の手をペロリと舐めた。
大きい伸びを一つしてから、自分の新しい縄張りになった庭をうろつき始めた。

どうやら、床下に潜んでいた何かが、犬によって裏山へと追いやられたらしい。

「大人しそうに見えて、実はやり手の番犬だったんだ」と彼は言う。

犬は現在高齢になっているが、それでもしっかり番の役を努めているそうだ。

彼の家の下に何が巣食っていたかは、今でもわからないままである。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!