怨念は海を渡る

同級生の話。

大学のサークル仲間でキャンプをしていた時のこと。
寝る前に水場へ三人ほど水を汲みに行ったという。

テントにいる者がシュラフの準備等していると、突然水場の方から甲高い悲鳴が聞こえた。
取る物も取らず駆け付けると、社会人の先輩が一人、地面の上で大の字になっていた。

呻き声を上げている。

他の二人は腰を抜かした様子で、ポリ容器を抱えて座り込んでいた。

何があったのか!?と聞くと、突然大きな牛のような動物が繁みから飛び出してきて、先輩を角で跳ね飛ばして走り去ったのだという。
それも日本の牛ではなく、アフリカにいる水牛のような角をしていたのだと。

倒れている先輩の上着には、泥で付いた足跡のようなものが残されていた。
牛の蹄の跡とも取れないことはない。

しかし、不思議なことに、周りの地面には足跡がまったく残されていなかった。

苦労しながらも何とか麓の車まで運び、病院へ搬送した。
先輩は肋骨と鎖骨が折れていたが、命に別状はなかった。

小康状態になった先輩と話してみると「そりゃ確かに水牛だろう」と言う。

何でも、先輩はかつてアフリカへ旅行したことがあり、その折に水牛を怒らせるようなことをしでかしたらしい。
何とかその場は逃げ出したのだが、その後現地のガイドから注意された。

現地のガイド:「水牛は執念深い。一度狙われたらどこまでも、例え地の果てまでも追いかけていって復讐する。
すぐにこの地を離れた方がいい」

先輩:「まさか日本にまで追いかけてくるとはなぁ。悪さはするモンじゃない」

先輩はそう言って、しみじみと溜め息を吐いたそうだ。

動物の怨念ってどこまでも追ってくるんですね・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!