待ち伏せ

私があるバスツアーに参加した時の話です。

そのツアーは温泉旅行1泊2日の旅でバス2台で行きました。
私はバスの2号車の1番前の席でした。

1日目の昼食場所へ向かっている時のこと。
高速道路を降りて県道を走っていると道の反対に白い色をした犬の親子がいました。
一瞬のことだったのですが、子犬が突然前を走る1号車のバスの下に走りこんできたのです。

「パァーン!」という感じで血の詰まった水ふうせんが割れるように地面が真っ赤になりました。
子犬はバスの後輪に踏みつぶされてしまったのです。

私は食事前に嫌なものを見てしまったと思っていると、なにやら運転手さんとガイドさんが小声で話しているのが見えました。

深刻そうだったので私はガイドさんに聞いてみると、親犬がさっきの所から狂ったようにバスを追いかけて来ているという。
それでも昼食場所に着いた時には引き離したようで、犬の姿は見えませんでした。

その後ツアーは順調に進み、2日目の見学も終わり、後は帰るだけになった時です。
帰り道は1日目とは違う道を走っていたのですが、視界に白い物が入りました。
道に白い犬が座っていたのです。
なにかを待っていたような感じでした。

その犬の脇を1号車のバスが通り過ぎようとした時、犬が狂ったように1号車を追いかけ始めたのです。
しばらく後ろから犬が追いかけるを見ていたのですが広い道に出てからバスはスピードを上げて、私達のバスも犬を追い越していきました。

ガイドさんも真っ青な顔で運転手さんと話していましたが、なんとか振り払ったようでした。

その後の車内はガイドさんがいくら盛り上げようとしても、静まりかえったままでした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!