勇気があるなら試して欲しい

19C末~20Cにかけてヨーロッパを震撼させた、アレイスター・クロウリーという男がいる。

生涯の間に70名以上を呪殺したといわれる、黒魔術界の帝王だ。

私はある時、50人ほどが列席する公の場で、このクローリーをしたたかに批判した。
批判というより、悪口雑言を並べ立てた、と言ったほうがいいかもしれない。

そして深夜帰路につき、一人暮らしのマンションのドアを開けると、部屋の中がガス臭い。
ガスレンジのつまみが半開し、ガスが漏れているのである。

私は外食派なので、レンジなど半年以上使っていない。
怪訝に思いながら家中の窓を開け、手を洗いに洗面所に入って、驚いた。

鏡に映った自分の額から、真っ赤な血が一筋、太々と流れている。
どこかにぶつけたのだろうかと顔を洗って、なおさら驚いた。
額には、わずかな傷もついていないのだ。

少し落ち着こうと、私は冷蔵庫からビールを取り、栓を開けようとして目を疑った。
プルトップが少し持ち上がり、飲み口にぽっちり穴が開いてしまっている。

まさか・・・と嫌な予感を抱えつつ、冷蔵庫のビールを確かめた。

12本あるエビスのプルトップが、一つ残らず半開きになっている。
私は、冷蔵庫の前に座り込んでしまった。

クローリーの呪い、だろう。

この話を疑う方がいるなら、大勢の人の前でクローリーの悪口を言ってみるといい。
かなりの確率で「不可解な出来事」を体験できるはずだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!