小母ちゃんの正体

同級生の話。

岩だらけの連山を一人で縦走していた時のことだ。
だだっ広い岩場の真ん中で、籠を背負った小母さんとすれ違った。

こんな場所に何で農作業姿の小母ちゃんがいるんだ?大根とか背負ってるし。
思わず呼び止め、どちらから来られたんですか?と問い掛ける。

小母ちゃん:「この近くだよぅ」

そう言って愉快そうに笑う。
皺だらけの顔に邪気は見られない。

近くねぇ・・・首を傾げていると、小母さんは更に続けて言う。

小母ちゃん:「ここから少し行ったところに無人の湯治場があるけどサ、利用しちゃダメだよぅ。猫になっちゃうからサァ」

何ですと?

小母ちゃん:「そこに浸かると、びっしりと猫の毛が生えてきて、やがて本当に猫になっちゃう。身体の大きさは人のまんまっていうから、まぁ化け猫だね。猫湯ってちゃんと看板が出てるから、間違っても入っちゃダメだよぅ。こんな所で猫なんかになっちまったら、飢えて乾いて日干しだよぅ」

呆然とする彼を残し、小母さんはケラケラ笑いながら去って行った。

気になってしまい、注意して探してみたのだが、猫湯などという湯治場などどこにも見つからなかったという。

同級生:「からかわれたかな?でも、あの小母ちゃん、本当どっから来たんだろ」
私:「その小母ちゃん自身が、実は化け猫だったりして。お前、化かされたんじゃない?」

そう口にした私を、彼は引き攣ったような目で睨んだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!