忠告を守らなかった祟

ド田舎の山の集落が母親の実家で昔は砂利道の狭い道路しかなかった。
最近は大きな道路できたんだけど、そんな場所の話。

よく昔母の帰省で遊びに行ってたんだけど、近くに滝があった。
んで近所の子と一緒に遊びに行ってたんだけど、「絶対にわき道に入るな」って曾婆ちゃんに言われてた。

けど好奇心から行ったんだよ。
その近所の子とさ。

そしたらちょっとした洞窟に柵があって中に祠が見えたんだ。
ただ、怖いのと柵越えれないので近づけなかった。

それから忘れてたけど、最近になって帰省した時に騒ぎがあった。
どうやら隣の子が死んだらしくて地元の人が騒いでた。

聞いてみたら「かなん、血を吐いて死んどった、こりゃかなん」って感じで言われて、ドン引きしてたら「お前もちょっとこい」って言われて、滝の近くの祠に連れて行かれた。

なんでも女子供は駄目らしくてムサイ男ばっかで、田舎なもんだから俺ぐらいしか若いモンがいなかったんだと。

そしたらその祠の柵が壊れてて中に入れられた。
んで中の祠を年寄りが調べてる時に聞いてみた。

俺:「何奉ってるんですか?」
曾婆ちゃん:「はっぽう様」

俺:「はっぽう様?」
曾婆ちゃん:「ん、昔ダムに沈むいうとこから連れて来た、放置するとかなん」

みたいな感じでやりとりしたと思う。
んでやっぱり開けられた形跡があるとかで、原因はコレの祟りだって事になったらしい。

とりあえずそんな流れで後は御祓いして終わりだったと思います。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!