私はいつか首を吊って死ぬ

私の姉は首吊り紐に付きまとわれている。

いつか、首を吊りそうな気がしてならない。

今も続いている話だ。

私の姉は子供のころに主不在の首吊り紐を見つけて以来、ずっと首吊り紐に付きまとわれている。
最初にそれを見つけたのは、姉が小学校五年生の時だった。

学校にあった、懸垂用の背の高い鉄棒にロープが結んであったのだ。
それは厳重に鉄棒に結びつけられていて、だらんと垂れた先が、人の頭が通りそうな大きさのわっかになっていた。

誰の目にも首吊り用の紐に見えた。
気味悪がった姉は先生を呼び、首吊り紐は先生によって撤去された。
学校は悪質なイタズラとして、全校集会で注意を促した。

二度目に姉が首吊り紐と出会ったのは、半年後に家族旅行で行った石川県だった。

間違えて入った道に立っていた電信柱。
その足場ボルトから、首吊り紐が下がっていた。
これは私たち家族も見た。
縁起でもない、と両親が話していたのをぼんやり覚えている。

三度目は、それからさらに一年ほどあと。
姉の友達の家の近くにあった、公園のブランコだった。
ブランコとブランコの間に、しれっと混じって首吊り紐が揺れていた。

それからも、姉の行く先ではそんなことが続いた。
首吊り紐はなんの前触れもなく、規則性もなく、姉の前に現れた。
だいたい、年に1回か2回。
多いときは、3回。
それ以上は出たことがない。

特に実害といえるほどの害はないのだが、ものがものなので気味が悪い。
とにかく見つけると気分が悪いが、回避のしようもない。
それに、姉曰くただ現れるだけではないらしい。

「いつもね、私が一番に見つけるの。それでね、見つけた瞬間、紐がぴんと張って、ぶらんぶらんって揺れるんだよ。あれがさ、今まさに誰かが首つったみたいで、嫌なの」

もちろん、そこには首吊り紐が下がっているだけで、誰もいない。
にも関わらず、首吊り紐はそんな動きをしてみせるという。
そして揺れが収まると、ぴんと張っていた紐はふっと緩む。
それがまるで「次のかた、どうぞ」と言われているような気がしてくるのだそうな。

「高さが、また嫌な高さなんだ。いつも、私の頭よりちょっと上にわっかが来るんだよ。・・・・・・私の身長に合わせたみたいに」

姉は現在、三十代半ばである。
首吊り紐との付き合いも、二十年を越えている。
これだけ長いこと続けば、いい加減慣れた。
やっぱり気分は悪いけど、前ほど驚かなくなったよ、と姉は言う。

だが私は、数年前に姉がぽろりと溢した言葉を、今も覚えている。

「もしも、どうしようもないほど嫌なことや辛いことがあった日に、あの紐が目の前に現れたら、そのまま首を吊ってしまいそうな気がする」

姉は昨年結婚した。
子供が欲しいとのことで、妊活真っ最中である。
私も姉の子供には会いたい。

しかしマタニティブルーというものが頭をよぎって、不安でもある。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!