全てが「ヒシマさん」に見えてしまう・・・

友人の村田から聞いた話だ。
だから真偽のほどはわからない。

高校一年生の夏休みの話だ。
私とは別の高校に進学した村田と、久しぶりに会った。
高校デビューをしてチャラついた村田をひとしきりからかった後、こんな話を聞いた。

「ヒシマさん」という、村田の通う高校に伝わる、怪談である。
「ヒシマさんの怪談を聞くと、ヒシマさんがやってくる」という、「カシマさん」の亜流のような話で、それ自体は目新しいものではない。

珍しいな、と思ったのは、「ヒシマさんは怪談を聞いた人間のところにやってくるが、なにもしてこない」というところだった。

「ヒシマさん」は、常に怪談を聞いた人間の視界に立っているだけ。
それも、常に背を向けた状態で立っているのだそうな。
だから「ヒシマさん」の顔を見たことのある人はいない。
目撃情報はすべて、後ろ姿のものだけだ。

ただ立っているだけなのだから、無害といえば無害なお化けである。
しかし「いつ現れるか」「いつまでつきまとわれるのか」がはっきりしていないそうで、もしかしたら一生、視界の端に立つ「ヒシマさん」の後ろ姿に悩まされるのかもしれない。

人によっては、かなりストレスになりそうな話だった。

「何代か前の先輩にさ、駅のホームから女の人を突き落として捕まった人がいたんだよ」
「へえ」

「その人は警察に『あれはヒシマさんだ』ずっとつきまとわれていたって話したんだって。もちろん、被害にあった人は『ヒシマさん』なんかじゃない。県外から出張に来てた会社員だった。それを先輩は、『ヒシマさん』だと思い込んで突き落としたんだってさ」

「嫌な話だな」
「うん、嫌な話だ」

「……『ヒシマさん』って、どういう見た目なんだ?」
「紺のスーツで、髪の長い女の人」

「どこにでもいそうだな」
「どこにでもいるんじゃないかな」

無関係の人を「ヒシマさん」だと誤認させる。
「ヒシマさん」の目的はまさにそれなのではないだろうか。
私はそんなことを考えて、空恐ろしくなった。

なんというか、ひどく人間的な悪意のようなものが感じられたのだ。
後ろ姿でしか現れないのも、なにもせずにただ視界に立つだけなのも、わざと誤認させようとしているように思える。

怪談というより、呪いに近いものを感じた。
嫌な話だな、と思った。

そもそもの発端である「ヒシマさんの怪談」について、村田は知らなかった。

「そんなの聞いたら、『ヒシマさん』が来ちゃうじゃん」
村田は心底嫌そうな顔で、そう言っていた。

確かにその通りだったので、私もそれ以上は調べていない。
お化けが出るならまだしも、自分が他人を襲ってしまうかもしれないような怪談など、聞きたくなかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!