あ、それを釣ってしまったら良くないね・・・

友人の話。

釣り仲間たち数人で、山中の貯水池へバス釣りに出かけた。
その池は仲間たちがよく利用している釣り場らしいが、彼は初めてだった。
各自が思い思いの場所に陣取り、竿を振り始める。

「確かにバスは多かったみたいで、アタリも結構頻繁にあったよ。でも、あんまり良い池じゃなかったわ。バスの奴が釣られ慣れしとるっていうか、全然抵抗せん。スゥーっとこちらに引っ張られるままに寄せられてくる。ガタイは大きいのに、全然重くないんよ。“はいはい、どうせリリースしてくれるんじゃろ”って感じをプンプンさせよって。
手抜きというか怠惰というか、魚の癖に人を馬鹿にしとったよ」

そんな微妙な思いを抱きながら釣りを続けていると、グンと竿が撓った。
おお、中には根性のある魚もいたんか!
喜び勇んで格闘に入る。

抵抗を何度もいなしながら漸く釣り上げたのだが、上げてから唖然とした。
釣り上げた魚は異様な姿をしていた。

身体は大きな鮒によく似ていたが、顔が人のそれをしていた。
坊主頭で、彫りが浅くのっぺりとしていたが、どう見ても人面に見える。
白目のない黒目玉を見開き、口をパクパクとさせている。

どう処理するか判断を下せずにいると、横手にいた仲間が気が付いた。

「おおーい!○○がジンメン様上げよった-!」

皆が口々に「マジかー」と言いながら寄ってくる。

「おー、ホンマにジンメン様じゃ。久しぶりに出たのー」
「しゃーない、帰るか。とっとと放しとき」

え、もう帰るんか?

「それが釣れると祟りがあるって言うんじゃ」
「とは言っても、あまり酷い祟りじゃないらしいけど」

「お裾分けなんかされとうないからの。お前、しばらく身の回りに気ぃ付けぇよ」

その日は結局、そこでお開きとなった。

池から帰った後、彼は立て続けに警察に捕まったという。
いずれも軽微な交通違反だが、二週間の間に六回も捕まり、都合六点の違反。
免停かつ違反者講習を受けなければいけない羽目となったそうだ。

「ジンメン様の祟りじゃ、間違いない」

そう言って彼はひどく情け無い顔をしていた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!