404号室だけフローリング

もう10年以上前の話になるんだけど、地元の大学に隣の県から進学してきて友人になったAって奴がいた。
Aの地元は当時テレビのチャンネルの数も3つくらいしかなくて、それは田舎だったそうなんだ。

比べればこっちはチャンネル数はそれなりあるから、Aは「最高」って喜んでたのを覚えてる。

勿論県外から来たんだから、一人暮らしを始めるわけだよ。
大学から自転車で通えるアパートに入ってAは暮らしていたんだけど、ある日Aからこんな話を聞いたんだ。

A:「俺のアパートさ、ちょっと変」

「変?何が変なんだよ」と聞いてみた。
何でもアパートというより、Aの部屋が変なんだと言う。

A:「大家が俺の部屋だけフローリングにしたんだよなあ」

そこのアパートは全室畳の部屋なんだそうだ。
だがAが住む部屋(仮に404号室としとくわ)に入室が決まった直後に、大家が一面フローリングに改装したらしい。
それもAの部屋だけ。

その時点で「?」って感じだろ?
何かあるんじゃないのかって思うよな。

だがAはこっちに来るまでに地元でも結構心霊的な事は色々経験しているらしく、「まあ何かあるんだろな」くらいの認識でそのままその404号室に住んだ。
短大通いだから2年で退去だし、家賃も安かったってのもあったんだろう。

けど在学中にAから聞いた話はどう考えたっておかしい話だった。

普通にベッドに入って寝たのに、朝起きたら背の高いキッチンテーブルの上で猫が手足全部かくして丸くなってる格好で目を覚ましたとかありえんだろ?
寝相は決して悪くないと言うし、夢遊病の気も全くない奴がそんな格好で寝て起きるわけない。
おまけに鉄筋のアパートにも関わらず家鳴りは部屋の中からも外からも日常茶飯事らしい。

そんな話をたまにしてくれながらも、Aは404号室で住んだ。

2回生になったある日、Aが「とうとう首絞められちまった」とぼやきながら大学に来た。
聞けば、数日前から夜眠っていると気配がしてぼうっと眼が覚める。
日を追う毎にその気配が徐々にベッドに近づいてくる。
で、とうとうその日は体の上に乗っかられて首まできつく絞められたんだと。

話を聞いて、おいおいおい・・・と思ったんだが、それ以上にAはたくましかった。
首を絞められるその直前まで見ていた夢が地元の母ちゃんに怒られているという内容だったらしい。
ねぼけた意識の中、首絞められてんのも母ちゃんが怒って絞めてるんだと思いこんじまって、つい笑ってしまったんだと。
そしたら手は離れていったらしい。

こいつスゲーただもんじゃねーわwと感心したこいつはきっとビッグになるぜ。
で、ある日そのAの部屋に泊る事になった。

夜になってから失礼したので周りがよく見えていなかったが街灯で照らされたアパートが目に入った。
話には聞いていたものの、アパートを実際見るのは初めてだった。

ぱっと見は普通のちょっと古めのアパート。
部屋に案内されて入ってみたが別に何がどうこうってのは俺は感じない。
フローリングはやはりまだまだ綺麗だった。

朝になってAは「いやーここ最近で一番熟睡できた」と嬉しそう。

俺はというと寝ている合間合間で部屋の中やら外やらからの謎の家鳴りの音でたまに起きてた。

首絞められる事も無かったしまあいいや、と思いながら朝アパートを出てぎょっとした。
アパートの敷地内に、大家の家があった。

木造の古い一軒家。
あっちこっち、あらゆる場所に魔よけやら何やらの札が貼りまくられている。
窓にも玄関にもそれはもう思わず顔がひきつるくらいに・・・。

「家に入ってこないようにしてやがる」

俺が見ても分かる程に札で埋め尽くされていた。
これの方が怖かった。

ちりりんと自転車のベルの音がしてその方向をみると、一人の老人が敷地内で自転車を漕いでいた。
この老人が「大家だ」と分かった。

フローリングの事を考えても大家は何がいるのか分かっていて、そのまま淡々と管理人を勤めている。
首まで絞めるような奴が404号室にはいるんだ。

それを分かっていて、自分の家だけを札で守りながらAを404号室に入れた大家が怖かった。

だがまあ、世の中にはそういう大家はごまんといるのだろう。
無事にAは卒業してそこを退去したが、その後に入った奴の事までは知らない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!