見てはいけない、壊してもいけない

山の話です。

昔からマヨイガという話がありますが、それを彷彿とさせる話があります。

終戦すぐの時ですが、ある山村がまだ林業にたずさわっているころでした。

山深い奥地に、誰が建てたかわからない山小屋がありました。
奥地で山仕事をしたあと、宿泊するのに便利なので、そこに泊まった人がいたのですが、泊まった人間が、数日後~1週間後に全員死んだそうです。

村に戻ってきて死ぬ。
8人くらい死んだそうです。

それで、その所有者不明の山小屋での宿泊は忌避されたと。

誰がいつ建てたのかわからない。
その山小屋には、ほとんど何もないのですが、鏡台が1つ置いてあったそうです。

ある時、隣村の人間がやってきて言うには、「昨夜は、遅くなったので山の中の小屋に泊まった」と。
あの小屋です。

村の皆は恐れ、この隣人は死ぬと思ったそうです。

しかし、彼は死ななかった。
あとでよく聞くと、彼は、夜遅くに小屋に立ち寄ったため鏡台に気づかず、早朝になって、そのまま小屋を離れたと。
どうも、小屋にある鏡台の鏡を覗くと死ぬらしい、という話になりました。

村の豪胆な若者が、その鏡台を壊しにいきました。

元凶であるその鏡台を壊せば、その小屋は、山仕事に便利だからです。
昼間に山小屋を訪れ、てぬぐいで目隠しをして手探りで鏡台を探し出して、鉈で打ち壊しました。

彼は、村に帰ってきて次の日に死んだそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!