“レイプ可”

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

Aさん:『女』はフラフラと夜道を歩いていた。
少し酔っている。
電車の中でも吊り革に捕まりながらウトウトしていた。

A:『気持ち悪い・・・飲み過ぎたかな。早く帰ろう』
道はAさん以外誰もいない。
と、前方から男が歩いて来て・・・すれ違った。

A:『え・・・?』

後ろに気配を感じる。
街灯の下に来た。
Aさんの影とそれと重なるようにもう一つの影。

A:『今、すれ違った男が、後をつけてきてる・・・』

鳥肌がたった。
手をのばせば届く距離に、いる。
走り出すことも出来ずに歩き続けた。
深夜の住宅街は静まり返っている。

A:『どうしよう交番も無いし』

結局、Aさんは自分のマンションの前まで来てしまった。
タクシーが止まっていて、ちょうど客が降りるところだった。

A:『同じ階に住んでる人だ!』

親しいわけでは無いが何度か挨拶をしたことがある。
物腰の柔らかい初老の紳士だ。

A:「助けて下さい!」

Aさんは走った!
紳士は何事かとびっくりしている。

A:「あの人変質者です!ずっとつけてくるんです」

男:「冗談じゃない!俺はあんたを守ってやったんだ」

A:「はぁ?」

男:「背中見てみなよ!背中!」

紳士が「あ~」と安心したような声をだし、「上着を脱いでごらんなさい」と言う。
Aさんは上着を脱いだ。

真っ白い上着に、“レイプ可”とマジックで大きく書いてあった。
Aさんは真っ赤になって二人にペコペコ頭をさげた。

男が去り、Aさんと紳士はエレベーターに乗った。

A:「すみません、ご迷惑かけて」

紳士:「いや、何もなくてよかったよ」

紳士は微笑む。
Aさんは持っていた上着を見た。

A:「でも、こんな事するなんて世の中、頭のおかしい人が多いですね」

エレベーターはまだつかない。

紳士:「そうだね、気をつけなさい」

その直後Aさんは脇腹に痛みをかんじた。
脇腹に鋏が刺さっている。

紳士:「私も頭のおかしい人側の人間なんです。気をつけなさいと言ったでしょう」

Aさんは倒れた。
紳士は少し考えてから、Aさんのブラウスの背中に血で“切断可”と書いた・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!