幻覚なのか、妖精なのか

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

主に芸能人が発祥となった都市伝説である『小さいおっさん』について紹介しよう。

「小さいおっさん」とは夜、あるいは就寝中に現れる謎の小人のことで、脅威の身体能力を持っているが、見た目は”おじさん”なんだという正体不明の生物である。

幻覚なのか、妖精なのかはわからないが、共通して室内に現れるという特徴がある。

【芸能人Mの「小さなおっさん」体験談】
Mはある時、京都にあるホテルに宿泊した。
昼間のロケでくたくただったMはベッドの上でうつらうつらしていると突然耳元で「こっちは抑えた!」という声が聞こえ、ハッとして目を開けるとそこには30人くらいの体長7?8センチの「小さなおっさん」がいたという。

Mが驚き声を上げると小さなおっさんは一目散に逃げ出し、バスルームに入っていったがMが後を追うと、そこには何もいなかったという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!