家族を拉致した

【おぞましい方法】
俺はとある噂の廃墟に探検に来た。
頭のイカれた殺人鬼がおぞましい心理実験をしていたという噂だ。

探索すると、ある小部屋のゴミの塊の上に、古ぼけた日誌を見つけた。

『今日、活きのいい家族を拉致した。若い夫婦、夫の両親の4人だ』

『小部屋に軟禁したが衣食はずっと与えてやる。こちらが提示する条件は1つ、最後に部屋を出た者を銃殺する。』

『夫婦愛が壊れるか、親子愛が壊れるか。とても興味深い。』

『1月が経った。夫は4人全員で帰ると宣言している。私が彼らの命を自由にできる限り、それは不可能だ。』

『半年が経った。すでに何かを決意した様子だ。』

『1年が経った。彼らの答えを見せてもらった。それは私の予想をはるかに超えるものだった。約束通り、無事に部屋を出て行く4人を見送った。』

『それにしても決意した人間の考える方法は、時に、実におぞましい・・・』

俺は部屋の中心の小さなゴミの塊を改めて凝視し、真実を忘れるため足早に部屋を出た。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!