津波はHARPが起こした

2016年4月14日21時26分、熊本を震源とするマグニチュード6.4、震度7の激しい揺れを記録した熊本地震。

気象観測装置HARP(ハープ)を使って起こされた人工地震ではないかといわれている。
HARPは気象情報の調査に使われているが、地震や津波を人為的に起こすことができるされていて、過去にもアメリカのイラク進攻に反対する国で起きた津波はHARPが起こしたと噂されている。

熊本地震が人為的なものといわれるのには、地震が発生した日に理由がある。

過去に甚大な被害をもたらした地震の発生日は「18」に関連している。

1989年「10月17日」サンフランシスコ大地震
10+1+7=18

1994年「1月17日」ロサンゼルス大地震
1+17=18

1995年「1月17」日阪神大震災
1+17=18

2005年「10月8日」パキスタン大地震
10+8=18

2011年3月11日東日本大震災
2+0+1+1+3+11=18

そして今回
2016年「4月14日」熊本地震
4+14=18

不吉とされる獣の数字「666」。
この数字をたすと「18」となることから、悪魔崇拝者は日付や時間が「18」に関するときを選んで行動を起こすことが多い。

また地震発生の数日前から、現地ではプラズマ現象が起き、電磁波が通常よりも多く発生していることが確認されている。

気象観測装置HARPは、電気エネルギーで地震や津波を発生させる。
4月14日に地震を発生させるために、少しずつエネルギーが照射されていたと考えられる。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!