宝くじ長者白書

2014年4月からの1年間の宝くじで1000万円以上の高額当選者のイニシャルは「さ行」のSさんが最も多かった。

みずほ銀行が毎年発表する「宝くじ長者白書」には、性別や年代、星座、職業など宝くじで高額当選した人に行うアンケート結果が書かれている。

「最も多かったイニシャル」は毎年違うのだが、苗字のイニシャルは必ずKまたはSである。
Kが1位の年の2位はS、Sが1位の年の2位はKであることから、苗字が「さ行」または「か行」の人ほど高額当選していることになる。

また高額当選する年代は60代が最も多いが、ここ数年で40代の高額当選者の割合が増えてきている。

宝くじ高額当選者で最も多かったイニシャル
2014年男性T.S女性M.S
2013年男性H.K女性M.K
2012年男性K.S女性K.K
2011年男性S.S女性Y.S
2009年男性M.K女性K.K

ただし日本で一番多い苗字のイニシャルがKで二番目がSなので、高額当選者のイニシャルがKかSに集中するのも当然といえなくもない。

ちなみに高額当選している人で多く共通しているのは、ジャンボ宝くじ以外の宝くじは買ったり買わなかったりするが、ジャンボ宝くじだけは毎回必ず買っている。

連番とバラの比率は1:2で、連番10枚バラ20枚の30枚が最も多く10年以上買っているという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!