代わりに私が幸せになる

四つ葉のクローバーは幸福のシンボルと思われているが、本来は人の幸せを奪うものである。

四つ葉のクローバーは、「希望」「信仰」「愛情」の印である三つ葉に「幸福」が加わったものとされ、お祝い事などのプレゼントや、メッセージカードなどのモチーフとしても使われる。

幸福の象徴として、お守り代わりにもされる四つ葉のクローバー。

見つけると幸せになれる。
持っていると幸せになれる。

・・・そう聞いて、子どものころに、草むらに入り、探した人も多いだろう。

この話は、実は黒魔術から来ている。

黒魔術での、四つ葉のクローバーの意味は、「お前の幸せを奪い不幸にし、その代わりに私が幸せになる」というもの。
誰かに四つ葉のクローバーを見せ、その相手を不幸にする代わりに、その相手の分まで自分が幸せになるための黒魔術に使われた。

四つ葉のクローバーデザインのコサージュや、服にワンポイント入っているものなどは、周囲の人の幸せを奪ってでも、自分が幸せになりたいという欲求のあらわれである。
四つ葉を身につけている人には近寄らない方がよい。

また、贈り物としての四つ葉のクローバを贈るということは、逆の意味になり、自分が不幸になる代償として相手を幸せにするということになる。
贈られた相手は喜ぶだろうが、贈った自分は覚悟が必要である。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!