遺伝子とニオイ

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

思春期の少女の3割は、自分の父親の事を「臭い」「汚い」と思っている。
自分の父親を臭いと感じる娘は、その父親と同じニオイいを持っているので臭い。

好みのタイプではない。
裕福なわけでもない。
理由はわからないが、人を好きになることがあるのは、遺伝子とニオイが関係している。

恋愛遺伝子ともいわれ注目されているHLA遺伝子。
HLA遺伝子は、父親と母親から、子に受け継がれる「型」が決まる。

人はこの「型」が遠いほど、より強くて丈夫な子孫を残すことができる。
そのため、好みのタイプでなくとも、「型」が遠い異性であれば惹かれあう。
逆に型が近いと、容姿が好みのタイプであってもうまくいかない。

優秀な子孫を残せる相手ではないと、本能的に相手を遠ざけようとする。
「型」が近ければ近いほど、相手を受け入れられなくなる。

恋愛対象として、好きでも嫌いでもないというのは、「型」が遠すぎず、近すぎず、程よい距離。

生理的に受け付けないというのは、極めて近いということ。

近親者(親子兄弟姉妹)に対して嫌うこともなく、恋愛感情もないのは、父親と母親の遺伝子がかけ合わさることで、近い「型」ではあるが、ほどよく遠いから。
ほんの少し遠い「型」が産まれると、親子間、兄弟間でも愛情が芽生え、近い「型」が産まれると、親子間、兄弟間でも憎悪が芽生える。

HLA遺伝子は、フェロモンとして分泌されているので、その人のニオイとして感じることができる。
人はこのニオイで、「型」の遠近を測っている。

どんなに汗臭くても、好きな人のニオイを嫌うほど「臭い」と感じないのは、型が遠く遺伝子の相性が良いということ。
逆に「臭い」と感じるのは、型が近すぎるということ。
娘が父親を「臭い」と感じるのは、「型」が普通より近く産まれたためである。

「型」が近いということは、娘も同じようなニオイがしている。

父親を「臭い」と馬鹿にしている娘は、自分が「臭い」と言っているのと同じこと。

ただし、このニオイは子孫を残すためのフェロモンをかぎ分けて「臭い」と感じているだけなので、他人からすれば、特に臭いと感じるニオイではない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!