採用面接での都市伝説

テレビにいくつもCMを流しているある大手企業。
面接のとき学生にどの番組でCMを流しているかを聞く。

多くの人が憧れる人気企業で採用試験は過酷を極める。
一次試験、二次試験、いくつかの試験を乗り越えてきた学生は、ほぼ採用条件を満たしているためふるいにかけるのが難しくなる。
そこで採用されたのが普段どんなテレビを見ているか、そこから学生の教養を調べるというもの。

率直に「どんなテレビを見ますか?」という質問では、学生も面接者の意図に気づきやすく教養ある番組名を挙げてくる。
そこで、スポンサーをしている番組を聞くことで「企業にどれくらい興味があるのか調べてる」「CMについてどう思っているか聞いてくる」などと学生は面接者の意図を勘違いしてしまい、素直に普段見ている番組を答えてしまう。

バラエティ番組を答える学生は落とされ、ニュースなどの教養番組を答えると採用される。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!