あわびの密猟

少なくとも当人達にはシャレにならない話。
根本敬「人生解毒波止場」収録「極道ちょっとイイ話」より。

かの奥尻島とも程遠からぬ、ある猟師町。

土地柄、「あわびの密猟」が任侠道の人たちのシノギとなっていた。
その日の晩も組の者があわびを獲っていたのだが、その最中に例の大地震が起きたのであった。
しかし海中にいたためか、彼らは全く気づかなかった。

で、海から上ると何やら丘の方が騒々しい。
見るとパトカーが止まり、警官が立っている。

警官達:「おめえら早ぐ来い早ぐっ」(津波が来るから)

893達:「みつかっちまった!逃げろ!」

警官達:「あっバガヤロッ!どごさ行ぐ!」

組の者達は慌ててボートを漕ぎ、闇につつまれた沖合に消えて行ったという。
港に津波が押し寄せたのは、それから数十分後の事であった。

以上。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!