制作会社であった怪奇現象

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

むかーしむかし、まだアニメーションがセルアニメからデジタル彩色導入に向けてバタバタしていた頃。

その日は海外発注していた話数が大量にリテイク出して、翌朝の締め切りまでに何カットも塗り直ししなきゃいけないと色指定の子に泣きつかれて、自分の仕事が終って手の開いていた私はお手伝いするために会社に泊まりこみました。

その時ペタペタ色を塗り直していたのは私を含め5人。
ラジオをかけながら作業を進め、あとワンカット分の作業で終わりだ、という時、外はだんだん少し白んできていました。

時計を見ると4時半過ぎ。

8時に担当の制作進行さんに渡せば撮影に間に合うので、少し休憩しようかと声をかけられ、5人がいっせいに「そうですね」と答えると、あれ?という空気に。

「今、◯◯さん(その話数の担当の子)が『休憩入ろう』って言ったんだよね?」とみんなで彼女の方を向くと、「え?△△さん(たまたま手伝ってくれた動画マン)が言ったんじゃないの?」と。

「みんな徹夜で疲れてるんだねー」なんて笑いながら、コーヒーでも飲んでもうひと頑張りしようか、と言った次の瞬間・・・突然ラジオが「ピー!ガガガガガ!」と異音を発し、すぐにまたラジオの音楽に戻ると、突然ラジオから子供の笑い声が聞こえ、部屋の奥のアニメカラー保管棚がいっせいに倒れました。

当然悲鳴をあげる私達。
すると窓ガラスがビシビシ音を立てて揺れ始め「アソボアソボアソボアソボ!」と聞こえました。

徹夜の眠気なんて吹っ飛んで部屋から悲鳴を上げて逃げ出す私達。
別室で仮眠を取ってた演出さんに「何?どした?」と言われ、事情を説明して、さらに別室で作業をしていた動画マンさんと作画監督に部屋の中を見てもらうと・・・そこは、倒れたはずの棚も倒れておらず、何個かのアニメカラーが転がってるだけでした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!