呪われたイス

d7dfa6a4

座ったものは必ず呪い殺される。
これまでに61人が謎の死を遂げている。

元々、この椅子の持ち主はイギリスの小さな村に住んでいたトーマス・バズビー。
人見知りな男でこの椅子を異常なほど愛していた。

ある日の夜、バズビーは義理の父親と金銭トラブルでもめ、殺害してしまった。
逮捕されたバズビーは絞首刑に処された。

彼の死後、持ち主がいなくなった椅子はある酒場に置かれることになる。
しかし人々はバズビーの椅子を気味悪がり誰一人として座ろうとしなかった。

椅子に座った兵士は全員戦士。
その後も300年で61人、椅子に座った後、極めて短期間で全員が死亡。

パブのオーナーは椅子を地元の博物館である「サースク博物館」に寄付した。
博物館で「ザ・バズビー・ストゥープ・チェア」と名づけられた。

誰も座ることが出来ないように、今では天井からロープで吊り下げられて展示されている。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!