もうそのサイトにはいかない

アメリカ人にして日本の怪談マニアである青年の体験した話。
時期はそう古くなく、2008年頃だとされている。

「これは俺の実体験なんだ。ある晴れた日の夜に、ホラーサイトをみてたのさ。質の高いホラーを探しててね。それで、結構いいサイトがあって、怪談話を読んでた。」

「そしたら、水滴が垂れる音がして、びっくりして水道を見たんだけど、水はぴたりと止まっててね。一瞬本気でびっくりしたんだ。ホラーが本当にきたのか!と思ったんだけど。」

「どうやらそのサイトの演出っぽいなと気がついたのさ。」

「そういや、どことなく機械音っぽいし、やっぱり最近のサイトは演出が憎いじゃないの。なんて無意味に感心してたんだ。で、安心してみてるうちに、それが少し早くなってきた気がしたんだ。」

「ポッタン、からポタン、ポタンに変わってきて、ますます怖さが演出されているな~。なんて思ったのさ。でも、ふと思ったことがあったんだ。」

「俺、確か・・・音量、ミュートに設定してたはずだよな?」

「確認したら、やっぱりミュートになってたんだ。効果音なんて拾えるはずがないんだ。慌てて強制終了して、立ち上げなおしてもう一回同じサイトに入ってみたんだ。」

「そしたら、音は出なくなってた。確認のために音が出るようにしてみたら、効果音なんて最初から入ってなかった。」

「あれがなんだったのかはわからないんだが、一人だったから誰かに聞くこともできなかった。あれ以来そのサイトには行っていない。」

彼はそう言って首をかしげてみせた。

件のホラーサイトは今でも更新され続けているという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!