2ちゃんねるの鮫島事件

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

ネットをする人の中には知っている方もいらっしゃると思いますが、どういった事件なのか知ってる人はほとんどいません。
あまりの内容の酷さに各種メディアの過去記事からも抹殺され、鮫島事件に関する資料は一切存在しない事件である。

そもそもの発端は、2001年5月24日に匿名掲示板2ちゃんねるに立てられた『伝説の鮫島スレについて語ろう』というスレッドであった。

半ば伝説となった「鮫島スレ」について語るスレッドで、知らない方も多いと思いますが、2ちゃんねる歴が長い方は覚えてる人も多いと思います。

かくいう俺も「鮫島スレ」を見てから2ちゃんねるにはまったひとりでして・・・あれを見たときのショックは今でも覚えています。

鮫島事件に関するスレッドが幾つも立てられて議論が続けられ、その流れの中で、「鮫島=タブー」という約束が出来上がり、「人が死んだ」、「公安が絡んでいる」などの情報が追加されていった。

その後も、ふとしたきっかけから鮫島事件という名前を耳にした人の「鮫島事件とは何か」という書き込みに対して「だからやめろ」という者や、「あれは2ちゃんの影の部分だ」、「あの事件のことを思い出させるな」などの書き込みがあり、いかにもそれらしい断片的な情報が追加されていき、「本当のところは教えてもらえないけれど何かあるらしい」というイメージが形成されていった。

ではどういった事件かと言うと鮫島事件は架空の事件であり、その存在自体がジョークであったと解釈されている。

つまり鮫島事件なるものは存在せず、発端となる自作自演以降にも追加された、もっともらしい情報も、ジョークを面白がった者たちによって創作され付け加えられた内容ということになる。

鮫島事件の噂が広まりネタとして定着したのは、その事件が存在しないことを証明することは悪魔の証明であり、誰にもそれを成し遂げる事はできないことが理由でもある。

「鮫島事件」にまつわる恐怖を題材とした映画『2ちゃんねるの呪い劇場版』が公開される予定になっている。もしかするとこの映画で真実のことがわかるかもしれない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!