”それ”に乗らなかった理由

夢の中で道を歩いてたら後から馬車がやってきた。
歩くのも疲れたから乗せてもらおうと思ったら、荷台は既に人でいっぱいだった。
荷台の人がみんなで俺を見た。

みんな灰色の顔をしててゾンビみたいで無表情だったんだけど、一人だけ、その灰色のゾンビ顔で満面の笑みで俺に言ってくれた。

「もう一人くらい乗れますよ」

俺は断った。
そこで目が覚めた。

その日用事があって駅ビルに出掛けた。
エレベーターで最上階に行こうと思って待ってたら、地下からやってきたそのエレベーターは既に満員。

中のヤツらはみな無表情でこっちを見てる。
その中の一人だけが笑顔で言った。

「もう一人くらい乗れますよ」

俺は乗らなかった。

そのエレベーターは数十秒後ワイヤーが切れて下まで落ちた。

何人死んだのかニュースで言ってただろうが俺は知らない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!