人の善意を試す弘法大師

折角なので、弘法大師にまつわる、珍しい後味悪い話をひとつ。

広島県因島『いんのしま』の伝説『さば大師』。

暑い夏の日、魚をかついだ魚屋が威勢よく通りを歩いていた。
オケの中は新鮮なサバがいっぱい。
さあ稼ぎまくるぞ、と魚屋は張り切っていた。

と、ボロボロの袈裟をきたみすぼらしく汚い僧が寄ってきて、「もう何日も食べていません。どうか魚を一匹、分けてくださらぬか」と、かぼそい声で頼みこむ。

魚屋は顔をしかめると、「この魚は全部腐っていて食べられないよ」とウソをつき、何も分けてやらずに走り去った。

ところが市場でオケのフタを開けてみると、何と、サバは本当に全て腐って、ウジがわいていた。

「しまった。あれはえらいお坊さまだったに違いない」

怯えた魚屋は謝ろうと引き返したが、もうどこにも僧の姿はなかった。
このお坊さまは、かの弘法大師さまだったと言われている。

この他に、海で大量で人々が浮かれてるところに、みすぼらしい僧が来て・・・・というバージョンもあります。

分けてもらえなかったからって、人の生活のカテを腐らせなくても・・・・。
第一、坊さんのくせに魚ほしがっていいのか?

・・・というのが、以前から疑問です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!