下半身が蛇の女が現れる

とある里山の集落で聞いた話。

その集落には、五つの農業用の溜め池があった。
雨の少ないこの土地では、昔から溜め池の水をうまく管理することで、全体に必要な水を回しているそうだ。

その溜め池五つ全てに、蛇女なる妖怪が出るという。

蛇女は全身を緑色の鱗で覆われ、下半身は蛇のそれだという。
長い髪をぬらぬらと身体中にまとわせ、池の中央からゆっくりと顔を出す。
そして、そこだけ異様に赤い唇を歪めながら、「わたし、きれい?」とニヤリと笑うという。

溜め池は、水が必要な時期以外は立ち寄る人も稀なのだが、それでも時々釣りなどにやって来る者がいる。
そういった者たちが、二、三年に一回、その蛇女を目撃して大騒ぎをする。

五つの溜め池どれもで目撃されており、蛇女が一体なのか複数体なのかはわからない。
しかし、目撃内容は全て一致しているという。

一度神主を呼んでお祓いをしたこともあったが、今でも度々、蛇女の名は集落を賑わしているという。

なんとも、どこかで聞いたような話の詰め合わせだな・・・。
私は口には出さないもののそう思った。

話はこれで終わりかと思いきや、私に蛇女のことを教えてくれた男性は、何かもの言いたげにこちらを見つめていた。

私:「もしや、何か後日談でもあるんですか?」

そう問うと、男性は白髪混じりの髪を撫でながら、迷いながら切り出した。

男性:「その、あんたはよそから来た人だから言うけどな」
私:「はい?」

男性:「あの蛇女の話な、もともとはわしの作り話なんや」
私:「はあ?」

男性:「まだ若かった頃、当時流行っていたオカルトブームに乗りたくてな。それで、蛇女なんて話をでっち上げて、噂を流した。そしたら、それが思いの外広まっちまってなぁ。あれはわしの作り話だと、誰に言ってももう相手にはされなかった。いまだに、蛇女を見たという話が出てくる」

長年抱えた秘密をやっと打ち明けることができたのか、男性は饒舌だった。

男性:「わしは恐ろしいよ。元は確かにわしのでまかせだったはずなのに、それがいつの間にか生きて動き回っとる。蛇女を見たという奴は、一体何を見とるんだろうなぁ」

大きくため息をつく男性を見つめながら、私は本当はいないはずの蛇女の姿を改めて想像し、先ほどはちっとも感じなかった寒気を感じたのだった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!