好きだった女が邪魔になってきたら

世界仰天ニュースか何かでやっていた実話。

中国のとある村に勉強だけが取り柄の少年Aが住んでいた。

Aは村で一番の美少女であるBに恋をしていたが、自分に自信がなく告白する事ができなかった。

そこでAは一念発起し、都会に出て医者になるための試験を受ける事にした。
結果は見事合格。
Aは手紙を添え、その合格証書をBの家へ送った。

『Bさんお元気ですか。僕はこのたび医者の試験に合格しました。僕が一人前になれた時、あなたにプロポーズしたいと思います』

この手紙にBは感激し、ウェイトレスの仕事を始めてAに仕送りをするようになる。
そのおかげでAは仕事や勉強に集中ができ、出世コースに乗ることができたのだった。

そして数年後、都会で再会するAとB。
二人の結婚はもう目前であるかに見えた。

しかし同棲を始めてしばらくした頃、Aの帰りがだんだん遅くなるようになった。
出世コースに乗ったAは接待やパーティーも多くなり、夜遊びもするようになっていったのである。

Aはこう思うようになっていた。

『田舎の村にいた時はBが一番魅力的だと思ってたけど、都会に出てみれば綺麗で明るい女がたくさんいる。自分にはBよりふさわしい結婚相手がいるはずだ・・・』

そんなAに対し、Bは時おりヒステリーを起こすようになった。
Aは「援助してくれた女を利用して捨てる男だと言いふらしてやる」と、Bはそう叫んだ。

その言葉を聞き、Aは決心した。

次の日の朝、AはBにプロポーズした。
大喜びで受け入れるB。
そして結婚式が盛大に行われ、夜になるとAとBは二人で部屋に篭った。

少し疲れたというBに、Aは水を持ってきてやった。
それを飲み干すと、間もなくBは深い眠りについた。

そして次の日、Bは息を引き取っていた。

Bの突然死に嘆き悲しむB親族。
Aは泣くふりをしつつ、埋葬の準備を整えていった。

しかし、Bの両親は埋葬をこばんだ。
娘の死因を解剖して詳しく知りたいというのである。

Aは焦った。
解剖まで行えば、Bの飲んだ水に薬を入れ死亡させた事がバレてしまう。

結局Aは解剖が始まる前に逃亡し、指名手配される身となったのだった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!