まだそのタクシーは彷徨い続けている

Fさん、女性(29歳)が深夜勤務の帰りタクシーをひろった。

ドアが開きFさんはタクシーに乗り込んだが、その運転手は何も言わず、ただ黙って
Fさんの顔をじっと見ていたので、ちょっと不気味な感じだった。
しかし、疲れていたのであまり気にせず自分の自宅の住所を告げた。

暫くして自宅に着き、料金を払う。
何か気持ち悪かったのでおつりをもらわずさっさと外に出た。
その運転手は結局最後まで何もしゃべることはなかった。

とりあえずお風呂に入り、その日は寝たが、朝になって携帯電話がないことに気付いた。
Fさんは忘れ物をすることが多いので、タクシーに乗った時は必ず会社名、運転手の名前、顔などを覚えるクセがあった。

そのタクシー会社はいつもよく利用してるので、電話番号を覚えていて、早速家の電話から問い合わせてみた。

乗車した日時、場所、運転手の名前、失くしたものを告げると、なんと向こうからは「そのような乗務員はこちらには在籍しておりませんが」と言われた。

自分の勘違いかも知れないし、もし該当することがあれば連絡下さいと言って電話を切った。

すると、10分ぐらいしたらそのタクシー会社から連絡があり、なんとその乗務員は1年前の同日・同時刻にFさんを乗せた場所で勤務中に事故死したとのこと・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!