おばあちゃんを助けるための行動だった

おばあちゃんは従兄弟の家に住んでいたんだ。

嫁にいじめられていて、同い年のいとこ(おばあちゃんをいじめていた嫁)もおばあちゃんをいじめていた。

お年玉もらってもお礼も言わず、言葉もかわさない。
その子の兄もおばあちゃんを無視していた。

おばあちゃんは、家の炊飯器やポット、冷蔵庫などの電化製品を使わせてもらえず、6畳の部屋に自分用の電化製品をおいていた。

食事も自分の冷蔵庫にある食材を使って作り、居間で皆と一緒に食べさせてはもらっていなかった。

おばあちゃんの家は東北で、私は関東に住んでいた。
おばあちゃんに一緒に住もうと父親が言っても、おばあちゃんは、おじいさんのお墓があるから、と断り続けてていた。

小学2年生の夏にいとこの家に泊まりに行った時、私は同い年のいとこと家の前で花火をしたんだ。
そのとき、いとこの家を燃やした。
かなり燃えてて笑った。
小さい火でも家って燃えるんだなと思った・・・。

私はいとこが花火を持って家に入っていったのを見たって、罪をなすりつけた。
いとこはめちゃくちゃぶたれてた。
「知らない、知らない」って泣いてた。

おばあちゃんは今いっしょに暮らしてる。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!